アウトプット インターネットビジネス

ブログとコピーライティングの違い

Pocket

こんにちは。40代副業チャレンジャーのタケッチです。

ブログとコピーライティングの違いについて

みなさんは説明出来ますか?

 

 

ブログもコピーライティングどちらも記事を書くことですが

こちらの二つは大きな違いがあります。

その違いは何でしょうか。

それではみて行きましょう。

 

ターゲットが違う

まずターゲットが違います。

ブログはペルソナを設定します。
ペルソナとは一人のお客さんのことです。
年齢、性別、職業、年収、家族構成や
ライフスタイル、価値観、趣味などを想定し
たった一人のお客さんを考えます。

 

それに対してコピーライティングは

不特定多数の人にアプローチして

どれだけ多くの人にアクションを

起こさせることが出来るかということを考えます。

 

読まれるプロセスも違います

コピーライティングはインパクトが大事です。
相手に興味を持たせるために結論は先に持ってきてはいけません。

1.キャッチコピー
2.ボディ(本文)
3.結論
4.クロージング

まずは相手に興味を持たせましょう。

 

 

キャッチコピーで
興味を持たせるには以下のような形です。

・具体性

(例)PC初心者の私が3ヶ月で月収50万円稼いだ方法

・興味性/常識否定

(例)日本の野菜は世界で一番安全ではない

 

 

一方のブログは目的を持って検索され
アクセスしてくるので気づいてもらうプロセスは不要です。
まずはアクセスしてくれた人が離脱しないように
必要な情報が書かれているということを
早めに伝える必要があるので結論を先に持ってくる必要があります。

1.結論
2.ボディ(本文)
3.クロージング

の形で行きましょう。

 

まとめ

コピーライティングは不特定多数の人に向けて
広く魅力的に伝える文章にします。
ターゲットが広いので
大きな声で気付いてもらうことが大切になります。

 

ブログはたった一人の人に向けて語りかけます。
ターゲットが近いので伝わる言葉で共感を得ることが大切になります。

この違いを大切に記事を書いて行きましょう。

 

 

タケッチ
今回の記事はどうでしたか?少しでも参考になれば嬉しいです

最後までお読みいただきありがとうございました。

-アウトプット, インターネットビジネス
-, , , , , , ,

© 2022 タケッチ塾公式ブログ Powered by AFFINGER5