アウトプット インターネットビジネス

人の感情を揺らし、行動を起こさせる「コピーライティング」のテンプレート

Pocket

あなたは「コピーライティング」という言葉をご存知ですか?

 

「言葉だけは聞いたことがあるかも?」

「知ってはいるけど、実際にどんなものかと聞かれたら答えられないな」

そう思っている人も多いと思います。

 

そこで、今回はコピーライティングはどんなものかという基本的な部分から、今からすぐに使えて、読者を思うがままに行動させる魔法のテンプレートを1つ公開したいと思います。

 

コピーライティングとは?

人の感情を動かし、行動を起こさせる文章術です

これからブログや文章を使ったビジネスをしていく人は、まず学んでおかなくてはいけない必須スキルです。

なぜなら

コピーライティングを使わないと、誰も読み進めてくれない意味のないブログになる

✔アクセスが集まってくるようになっても、最初の部分しか読まれず、すぐに離脱されて、ファンにならないのでリピートされない

✔コピーライティングを身につけることができれば、読者を動かすことができるので、あなたが書いた文章を最後まで読んでくれるようになり、ファンがすぐに増えます

ライティングの能力を身に付けることで、個人で仕事をとって稼いでいくことができるので、自分で作業する時間が決めれて自由に生きていくことができます。

毎日決まった時間に出社して、決まった時間働いて、決まった時間に帰るという、ある意味テンプレート化された刺激のない日々から解放され、

更には、自由に仕事を開始できるので、寝坊しても誰からも怒られず、人間関係のしがらみから解放されたストレスフリーな生活を送ることができるようになります。

コピーライティングを身に付けるだけで、これらのすべてが手に入る夢のようなスキルです。

 

 

どうやって人の感情をうごかすの?

文章や言葉を使って人の感情を動かすと聞くと「胡散臭いな」とか「本当にできるのかよ」と思う方もいると思いますが、コピーライティングを使えば、いとも簡単に相手を動かすことができます。

 

コピーライティングを使って人の感情を動かしているものが、あなたの身近にあります。
なんだか、わかりますか?

それは、映画です

人を動かすスキルの中に、ストーリーテリングというスキルがあります。

ーーコトバンクより引用ーー

ストーリーテリングとは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のことです。抽象的な単語や情報を羅列するよりも、相手の記憶に残りやすく、得られる理解や共感が深いことから、企業のリーダーが理念の浸透を図ったり、組織改革の求心力を高めたりする目的で活用するケースが増えています。

 

ストーリーテリングという人が好むストーリー構成があるのですが、これは映画でよく使われている手法です

 

見ている人の感情を動かし、言葉やその状況を相手に印象深く記憶させるテクニックです。

 

あなたも、一度見た映画の内容は、なかなか忘れられないですよね?

それも、ストーリーテリングというスキルを使っているからなんです。

 

人の印象に残りやすい物語の構成があり、その構成通りにストーリーを組み立てるだけで、読者はあなたの書いた記事に釘付けになり、最後まで読んでしまうのです。

 

でも本当にそんな魔法のテンプレートがあるの?と思われたでしょうか?

 

はい、あります!

 

 

魔法のテンプレート

この記事を読んでくれたあなただけに、秘密のテンプレートをお教えします

 

あなたもこのテンプレートを使って、会社に頼らなくても生きていける自由な人生を手に入れてください。

 

でわ、早速
魔法のテンプレートは全部で4つのパートに分かれています

1.問題提起(何故この記事を読まなければいけないのか、理想の未来の提示)

2.証拠、根拠(信頼できる情報なのか)

3.手法(どうやって理想の未来を手に入れるのか)

4.行動を促す(テンションが上がっている、その時に行動をさせる)

1.問題提起

 

ここが一番重要なパートです!

このパートでは読者の心を掴むことを第一に考えてください

ここで読者の心を掴めなければ、その後にいくら価値のあることを書いていても読者は読んでくれないと思ってください。

なので、文章を書く時は、この問題提起の部分に一番力を使いましょう!

何でこのテーマの記事を書いているのか

この記事を最後まで読んだら、どんな結果が得られるのか?

逆にこの記事を読まなかった場合、どんな嫌な未来が待っているのか?

という読者にとっての「理想の未来」と「避けたい欲」をこのパート1で教えてあげましょう

人はいきなり理論を押し付けられると、つまらないと感じて、すぐに文章から離脱してしまいます

それを防ぐためにも文章の冒頭は、読者の喜びそうなこと、もしくは不安に思うことを書いて感情を動かしましょう

 

感情が動いた読者は、勝手に次の文章も読んでくれます

 

2.証拠、根拠の提示

次のパートは読者の信頼を勝ち取るパートになります。

根拠や証拠を提示してあなたの発信する情報が正しいもの、信頼できるものだと読者に感じてもらわないといけません。

前のパートを読んだ読者はどんな未来が手に入るか理解しています

でも、そんな未来は本当に手に入るの?と疑問に思います

疑問はストレスです

ストレスは離脱率と比例するので、読者には絶対にストレスを与えてはいけません

なので、なぜその理想の未来が手に入るのかという根拠、あなたの書いた記事を知らない人がどんなひどい目にあったのかという証拠をこのパートで書いてあげましょう

データや証拠画像を載せてあげるとより信頼を勝ち取ることができます

 

3.手法(どうやって)

このパートは、具体的に何をやったらいいのかを、ステップバイステップで教えるパートになります

パート1とパート2を読んだ読者はあなたの伝えたいことを理解し、信頼を置くようになり、行動を起こそうと思っていきます

 

でもどうやればいいの?と読者は疑問をかかえます

なので、どうやったらその理想が手に入るのか、そのスキルを身に付けるにはどうしたらいいのかをステップバイステップで教えてください

より細かく書いてあげることで読者は喜びます

 

 

4.行動を促す

最後に読者に行動を促すパートになります

コピーライティングは相手の感情を動かし、行動させるスキルです

最後に行動をさせないと真価は発揮しません

・スキルをプレゼントしてそれを練習する為のワークを渡す

・メルマガへ誘導する

・youtubeへの誘導する

などと、どんな簡単な行動でも構わないので、読者を行動させてあげる癖をつけましょう

このテンプレートをコピーして、次回からの記事作成から意識して書いてみてください

はじめはぎこちなくても大丈夫

まずはテンプレートに沿って書いていくことが重要です

 

 

いかがでしょうか?

コピーライティングの凄さをわかってもらえたかと思います。

すぐに試してみたいと思ってもらえると幸いです

今回の記事は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

-アウトプット, インターネットビジネス

© 2021 タケッチ塾公式ブログ Powered by AFFINGER5